国ごとに印象が違うヨーロッパの国々

ヨーロッパの国々で違った印象

ヨーロッパの国々では、それぞれの国で違った印象を受けることがあります。ヨーロッパ諸国が連合を作ったEUでも、そうした特徴の違いが原因なのか、このたびEUの主要国だったイギリスがこの連合を脱退してしまいました。

 

実際のところ、イギリスがどんな理由があって脱退したのかは理由は他にもあるのですが、国の文化、人の習慣や性質といったもので、相容れないことは多々あります。

 

ヨーロッパの主要国として挙げられるイギリス、ドイツ、フランスは、公用語でも英語、ドイツ語、フランス語と違いがあるわけです。言葉が違うというだけで、その国に感じる印象も大きな違いがあってもおかしくありません。

 

イギリスでは紳士の国、ドイツは規則に厳しい、フランスだとファッショナブルといったように、それぞれ印象がある。
しかし、この印象は日本人から見たイギリスやドイツ、フランスの印象であって、他の国から見るともっと違った印象を持つかもしれない。

 

最近、ヨーロッパでは移民や亡命といった問題が多数発生している。移民や亡命をする人達も、こうしたヨーロッパの国対する印象で、どこの国へ亡命するか考えていることがあるようです。